口臭の原因とセルフチェックの方法

知らなかった・気づかなかったのは、自分だけだった。
あなたのお口のニオイ、大丈夫ですか?

取引先との大切な会議や面談、あるいは異性とのデートで、ちょっと気をつけて頂きたいのが口臭です。

冒頭の言葉の通り、「口臭」って意外と自分では気付きにくいもの。逆に、相手にもよりますが、相手の方はなかなか指摘してくれません。

そして、知らないうちにあなたを遠ざけるようになり、最悪の場合、まとまる話もまとまらなくなってしまうという事態を招きかねません。

そうならないためにも、事前に口臭をセルフチェックできる方法を身に着けておけば安心と言えるでしょう。

ここでは、口臭の原因と口臭のセルフチェックの方法をご紹介します。

口臭の原因

口臭には、大きく5つの種類があるそうです。

1.生理的な口臭

朝起きた時に口から嫌なニオイがすることってありませんか?
これは、「生理的な口臭」と呼ばれ、就寝中に口の中の唾液の量が少なくなり、細菌が繁殖して嫌なニオイが発生するものです。

上記の起床時の口臭以外にも、空腹がもたらす口臭(飢餓口臭)や緊張によるもの(緊張口臭)があります。

この生理的な口臭は、いずれも口内の唾液の量が少なくなることが原因です。

口の中をゆすいだり次第に唾液が出るようになると徐々にこのニオイも解消していきます。

 

2.飲食物・嗜好品による口臭

ニンニクやタバコ、ネギなどを摂取した時に、一時的に口内のニオイがきつくなるというもの。時間の経過とともに、ニオイが解消していきます。

 

3.病的口臭

舌苔(舌の表面につく苔状の細菌の固まり)

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 唾液の減少
  • 義歯(入れ歯)の清掃不足によるもの

その他にも、消化器や呼吸器等の病気によるものがあります。

 

4.ストレスによる口臭

5.心理的口臭

以上、口臭の原因として考えられるものを箇条書き程度の書き出してみましたが、口臭の90%近くは、口の中に原因があると言われています。

詳細は、日本口腔外科学会のサイトをご覧ください。

 

口臭のチェックの方法

 

歯科医院で測定してもらう

歯科医院には、口臭の物質(硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファンド)を計測できる「口臭測定器」がありますので、口臭を細かくチェックしてもらえます。

ただ、時間を作って歯科医院まで出向く必要がある、出費がかさむ、緊急度が低いといったデメリットもあります。

口臭がどうしても気になって仕方がない、口臭を測定すると共に口臭の原因を明らかにし、同時に治療もしてもらいたいという方を除き、多くの方には敷居の高いチェック方法かもしれません。

 

口臭チェッカー(プレスチェッカー)で測定する

歯科医院での口臭測定器と比較すると精度は落ちますが、客観的な口臭の度合いを知ることが出来ます。

3,000円から5,000円程度で購入できますので、人と会う機会の多い方には必需品と言えるでしょう。

口臭のセルフチェックの方法

ここでは、上記の歯科医院による「口臭測定器」や「口臭チェッカー」以外の、自分自身で簡単に口臭をチェックする方法をご紹介します。

1.手を舐めた後にチェック

一番簡単な方法です。手のひらや手の甲を舐めて、少し乾いた状態になった時にニオイを嗅いでみて下さい。

2.唾液のニオイを嗅いでみる

歯の付け根部分の歯茎に指をあてます。しばらくして、その指のニオイを嗅いでみてください。

 

3.コップやビニール袋に息を入れて嗅いでみる

コップやビニールの袋に息を吹きかけ、その吐いたニオイをチェックしてみて下さい。

4.舌苔を取ってチェックする

舌苔(ぜったい)とは、舌の表面に付着している白色または黄褐色のタンパク質の固まりです。この固まりが細菌に分解されると悪臭が発生します。

ティッシュを細かく折って、舌を上から下に数回なぞります。その後数分待ってそのティッシュのニオイを嗅いでみて下さい。

5.マスクをつけてチェック

1時間ほどマスクをつけて、マスクのニオイを嗅いでみて下さい。

 

気になる時は速やかに歯科医院に!

口臭は、ほとんどの人に発生します。

たまに気になるくらいであれば、オーラルケアを毎日積み重ねていくことで予防することができます。

ただ、ニオイにはいくつかの原因が考えられます。虫歯・歯周病・舌苔が原因ではなく、消化器や呼吸器が原因の場合もあります。そのような場合には、速やかに歯科医院を受診するようにしましょう。

 

ブレッシュプラスの口コミと効果